トップページ > ヘアカラーについて >  ヘアカラーは身体に悪いのか?

ヘアカラーは身体に悪いのか?

ヘアカラーをする前には必ずパッチテストを行うようにしてください。
染料の中にはアレルギー反応がある物質が含まれています。

ご自身の身体に合わない場合は、すぐに使用をやめるようにしてください。
特に注意が必要なのが、PPD(パラフェニレンジアミン)が含まれているヘアカラーです。
この物質は少量であれば問題ないですが、髪や頭皮というのは非常に薄いため体内へ物質が入りやすくなっています。

アレルギー反応がある方は取り扱うのは非常に危険です。
出来るだけ、使用しないことをオススメします。

また、天然成分で無添加のヘアカラーを使う方がよいでしょう。
ですが、この場合でもパッチテストをしっかりと行ってから、自分との相性を確認してから使用するようにしてください。

目次